日本民家園に行ったこと
Advertisements

こんにちは。タマオです。

先日あいた時間を使って、みんサンは川崎市にある日本民家園へ訪れました。

多摩区の桝形にあります。

すぐそばには岡本太郎の美術館があったり、宙と緑の科学館という施設があったりします。

専修大学もとてもご近所にあるんですね。

実はこの近くに昔タマオは数年間、住んでいた事があります。

しかし、そのころは桝形山に少しだけ登ったことはあれど、広場のようなところへ行ったことがあるだけでキチンと見たことがありませんでした。

まだ若かったので、興味はもっと他の方に向いていたんでしょうね。

今になってみると、こんなに良い施設が近所にあったんだなぁと感じてしまいます。

宙と緑の科学館には、プラネタリウムを目的に2〜3年前に行ったことがあるのですが、日本民家園はまだ行ったことがなかったので、今回初訪問でした。

Advertisements

日本民家園の様子について


それではいくつか日本民家園に関する写真や、実際に現地で撮った写真などを載せておきます。


これは、いただいたパンフレットです。日本民家園の全体マップや各民家の説明などが記載されています。

案外広いです。各県から、たくさんの民家が揃っていますね。


自然がいっぱい、10月半ばに入ったというのに、カマキリがまだいるんですね。

この数日で、今年の秋ももう終わってしまったかのように寒くなってきましたが、こんな時期でもまだカマキリ君は頑張って生きています。

これはコカマキリですね。


民家の中には、こんな囲炉裏があったりして、本格的です。本物の民家なんだから本格的なのは当たり前か。^^;

ちょうど一緒に見ていたお爺さんがみんサンに合掌造り名前の由来を教えてくれました。

人が合掌するとき、腕の形で三角形ができて、その形を由来とした丸太組みを「合掌」ということから、合掌造りというようになったんだよ、と。


三角形この部分ですね。

こういう特別な場所で初対面の方に聞ける話は、非常にみんサンにとっては印象に残る良い思い出であり、勉強になることでもあります。

ありがとうござました。


しばらくすると、またまた道端にカマキリ君、発見。

カマキリいっぱい。こちらはオオカマキリですね。



こんな凄いものを作ってくれるお兄さんもいました。バッタですね。

お兄さんの写真は、思いきり顔が写ってしまっていたので、作品だけ載せさせていただきます。


これも、面白い。エビですね。

背中のあたり、どうやって組んでいるんでしょう。


藤子・F・不二雄ミュージアムへ

その後は、藤子・F・不二雄ミュージアムへ行きました。

この日のみんサンの本来の目的はこっちでした。何回目かわからなくなってきたくらい、訪れております。

飽きないんですね。


写真は、野比家の様子です。

中学受験生男子、ドラえもん好きの子、多くないですか?

なんでですかね。

タマオなんかドラえもんは小学校低学年でもう卒業しちゃって、キン肉マンとか北斗の拳とか、少年ジャンプな感じになってしまっていましたけれど(世代がバレる)。

バトル物の漫画とかほとんどみんサンは興味ない感じなんですよね。

平和で良いことなんでしょうか。



エスパー魔美バージョンのバス。プリティーな感じですね。

現代の小学生女子たちに、エスパー魔美の髪型はどんな風に映っているんでしょう。

気になるところです。



今回は、空いた時間のお出かけについてでした。

日本民家園、こういう日本の昔に触れることも中学受験生にとってはなかなか良いことのように感じました。


川崎市立日本民家園

場所   神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1
開館時間 午前9時30分〜午後17時(11月〜2月は16:30)
入場料  500円
休園日  月曜日・祝日の翌日・年末年始
参考HP  http://www.nihonminkaen.jp


受験ブログランキング

1日1クリックずつ応援お願い致しますヽ(´▽`)/

このブログをかいている人

タマオです。2021年度の息子の中学受験に向けて親子で奮闘中!中学受験同士であるあなたのお役に立てる記事を一つでも多く書き記していけるよう、誠心誠意とり組んでまいります!