Advertisements

こんにちは。タマオです。

本日は、SFC/慶應義塾湘南藤沢中等部の学校説明会へ行ってきました。

天気も少し曇っていて、ちょうど暑すぎず過ごしやすい気温でラッキーです。

中学受験を始めるきっかけとなった慶應義塾湘南藤沢中等部。

通常は、学校に近い駅からバスに乗って学校校舎まで行く感じです。

写真のような慶應に行く専用のバスが、駅との間をいったりきたりしています。

2車両繋がった長いバス。配色のバランスも良く、通常のバスと比べると洗練されていてカッコいいですね。

一度乗ったことがあるのですが、内装の色合いも統一されておりキレイな感じで、普通のバスよりもリラックスできる雰囲気でした。

しかし、今回はこのバスには乗らずに、車で送ってもらうことに。

慶應義塾湘南藤沢中等部学校説明会について


開場時間ぴったりくらいに着くと、すでに長蛇の列。説明会開始の30分前が開場時間だったのですが、みなさんずいぶんと早めからいらっしゃっていたようです。

説明会場の場所は、大学のθ(シータ)ホールにて行われました。実際の中等部の学校生活でも大学の施設を色々と活用して使わせていただくことも多いようです。

私たちはギリギリ本会場に入れた感じでした。もう少し到着が遅かったら、映像による生中継を視聴する別会場になっていたと思います。

入り口を入るとすぐに各家族に一部ずつパンフレットが配られました。

うちのみんサンはこのパンフレットを慶應義塾湘南藤沢中等部のHPからダウンロードし、カラーコピーをしてホチキスで留め、A5サイズの冊子を作って、持っているんです。

本物のしっかりした大きいサイズのパンフレットが手に入って良かったね。

さて、今回の説明会の内容は大きく分けて4つに分かれていました。

  1. 慶應義塾湘南藤沢中等部の紹介PVの視聴
  2. 部長さまより挨拶
  3. 生徒さんたちによる学校生活の紹介
  4. 受験についての説明・注意事項など

説明会の内容の中で、信念として一貫していると感じたのは、やはり【グローバル】というところですね。

生徒の発表でも3人のうち1人は3年生までシンガポールに住んでいたという生徒さんで、とてもキレイな英語を話しておりました。

それと、福沢(諭吉)先生の頃から現代まで、「常に一般的な常識を革新していく姿勢で学校づくりをしている」ということ。これも今も続けて一貫しているということでした。

その信念から、このSFCも誕生したそう。

今回の説明会の中で私が一番印象に残ったのは、やはり生徒さんたちのスピーチでした。今年度入学したばかりの1年生の生徒さんも、文章の骨組みの構成がしっかりと作られている分かりやすい文章を、聞き取りやすいハッキリとした発声で堂々と話されていました。

とてもカッコよかったですよ。

Advertisements

慶應義塾湘南藤沢中等部の校舎見学について


説明会が終わった後に、中等部の学校内見学をさせていただきました。敷地が大きいので、大学もすごーく広かったのですが、中等部もとても広々。

体育館や美術室など3つずつあったりする感じです。

順路に従い一斉に長蛇の列になって進みながら見学していく感じなのですが、途中途中に先生方が立っておられ、「こんにちは」とお声掛けをされていました。

1対1くらいの割合で外国人の先生でした。やはりグローバルな校風をアピールするためには半数ぐらいが丁度良かったのだと思います。

実際に、クラスの担任の先生が2人制で、“外国人教師と日本人教師の2人が担任の先生”というようになったりもするそうです。

担任の先生が2人いるのも、学校にもお父さんとお母さんがいるみたいな感じで、良さそうですよね。

慶應グッズの売っている販売店


さて、出口付近で最後に通り過ぎる慶應グッズの売っているショップ。ここでまた、みんサンがほしいほしい病を発揮。

校内見学で販売店があると聞いた時点ですぐに行きたがっていたので、覚悟はしていましたが^^;

みんサンが選んだのはこちら。

受験生にはお馴じみのペンたちですよね。それの慶應のネーム入りバージョンです。

同じペン、持ってるんですけどね。

順路の最後に販売店を持ってくるあたり、売上を上げるための戦略もしっかりされているなと感じ、私としては好感度大です。

Advertisements

学校説明会、帰り際のお話


中等部の校舎から出て、キャンパスを出るまでの道を進んでいると、同じく学校見学に来ていたお子さんで、ハーフらしいブロンドヘアの可愛いらしい女の子が前を歩いているではありませんか。

「この学校入れたら、あんな可愛い子を彼女にできるかもね。」

と私が耳元で呟いたら、みんサンは「ふふ」と、ちょっと嬉しそうな表情をしていました。

今回の説明会場だった大学校舎内θ館に入るために初めに並んでいた場所を、帰り道でも通り過ぎました。来た時はこの場所が、階段の上から下まできて写真右手の方に折れてさらに右建物の右側面の道に沿うように折れて、さらにずっと並んでいました。

広々しすぎて、写真に人が誰も写り込まない・・・

凄いです。


受験ブログランキング

1日1クリックずつ応援お願い致しますヽ(´▽`)/

このブログをかいている人

タマオです。2021年度の息子の中学受験に向けて親子で奮闘中!中学受験同士であるあなたのお役に立てる記事を一つでも多く書き記していけるよう、誠心誠意とり組んでまいります!