中学受験は文房具購入の費用もかかる
Advertisements

こんにちは。タマオです。

とある夏の日、みんサンが東京の実家に遊びに行った日の出来事なのですが、お義父さんに大量の文房具を買ってもらいました。

写真はその時の購入明細。

おじいちゃんは孫には甘いですよね。

すさまじい量。欲しいものいくら買っても良いと言われたら、こんなことになってしまいました。

後になって、明細で購入内容をよく見てみると、「意外に地味な消耗品類が多いな。」と感じます。

内容を見るとコマゴマしたものが多いと思うのですが、集まると1万円になってしまうんですね。

中学受験をする家庭の出費額は、塾費や教材類などわかりやすい費用だけでなく、思わぬところでもたくさんかかっているのかもしれません。

一度その辺り注目して、どうなっているかしっかり調べて、考えてみたほうがいいかな。

Advertisements

ペン好きによるペンの山


みんサンは昔から大の文房具好きですが、3〜4年生の頃はもっとこうなんというか特殊なクレパスのセットとか、「それ一回使ったらもう飽きてポイでしょ」というようなものばかり買っていました。

自分の部屋の中は、使わなくなったそれら過去の文房具の山で、大変なことになっているんですね(学習に自室は使っていません)。

今、こうしてこの購入明細の一覧を落ち着いて見てみると、買うものの内容が3〜4年生のころとは変わってきていて、実用的になってきたんだなぁ、ということを感じます。

しかし未だ特に、ペン類だけは「そんなに使わないでしょ。」あるいは「同じ商品たくさん持ってるよね。」というようなものを、必要以上に購入してしまいます。

どうやらペンから何か強いフェロモンが出ているようですね。開成や慶應など、デザインにペンの入った校章を、特にカッコイイと感じているようですし。

説明会や文化祭に行っても、必ず自分へのペンのお土産だけははずしません。この年齢の子供はみんなそんなものなのでしょうか。

その結果、リビングはいつもペンだらけ。日々の学習で使うペン以外はかたずけるように注意していないと、部屋からまた新たに運んできて、どんどん増えていきます。

何度言ってもリビングにあるペン類はすぐ増えてくるので、我が家では「使うもの以外部屋にかたずけて」の言葉は、かなり頻出します。

どなたか、この現象を止める方法をご存知の方はいらっしゃいませんでしょうか?

よい秘策などがありましたら、ぜひ教えていただきたいです。

それでは今日はここにて。いつもありがとうございます!


中学受験生・偏差値別の睡眠時間調査アンケートのお願い

追伸です。

現在、『受験生の偏差値が“睡眠時間の違い”によって本当に変わるのか』を調べるためのアンケートのお願いをさせていただております。

この記事を書いている現時点で136名の方がアンケートにご協力してくださっています。

なんと昨日から29人増!すごい!!!

お答えいただいたみなさま、何処の馬の骨ともわからないタマオにご協力いただきまして、本当に心より感謝申し上げますm(._.)m

目標は50名×9パターン=合計450名。これくらいのデータ量があると信憑生が出るかと思っています。

現在、目標の450名まで達成率30.2%!!残り314名!!

特に6年生の皆さま、現在の偏差値が40〜49の4.5.6年生の皆さま、どしどしアンケートにご協力いただけますと幸いです。
→アンケートへ
※「偏差値60以上の5年生」のアンケート調査は50名に達したので、ひとまず終了させていただきました。

たった3問チェックを入れるだけの、数秒で終わる簡単なアンケートです。

信憑性のある数が集まりましたら、こちらのブログにて全体の結果発表させていただきたいと思います。

もしツイッターなどされておりましたら、こちらの記事をツイートして、ご協力いただけますと大変助かります。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

受験ブログランキング

1日1クリックずつ応援お願い致しますヽ(´▽`)/

このブログをかいている人

タマオです。2021年度の息子の中学受験に向けて親子で奮闘中!中学受験同士であるあなたのお役に立てる記事を一つでも多く書き記していけるよう、誠心誠意とり組んでまいります!