休校&休講の間に取り組めたこと《中学受験・サピックス》
Advertisements

こんにちは。タマオです。

先月末から今月頭にかけて、学校や塾で様々な変更があり、なかなか複雑なことになって、ついていくのがやっとという状態になっていました。

前回の記事を書いたときにやり直しのスケジューリングがある程度完成して、このペースでいけるかな?と思ったら、サピックスでは新たに補講が入ることになったりして、またやり直しスケジュールのやり直しをすることに。

そしてポイント解説動画も6年生はしばらく公開されなかったので、家庭学習を先にやってしまったのですが、そのあと動画配信されたと思ったらすでに受けた授業のポイント動画だったりなどもしました。

なんともスケジュールの組みづらい日々でしたが、今度こそもう臨時の変更は大丈夫かな?と期待をしています。

Advertisements

少しずつだけれど休校の時間を使って取り組めたこと


我が家は、小学校がなくなった分の時間をなるべく有効活用したいということで、弱点強化に取り組もうと考えていました。

実際この弱点強化の手伝いをやってみると、これが簡単にいくものではありませんでした。

掘り下げて話を聞いてみると、「ここまでわかってなかったのか!」という部分が判明。

それをわかってもらうために説明することが、また非常に根気が必要で、時間のかかる作業となりました。

この取り組みには、ほぼ特別な教材や参考書などは使わず、土特のプリントなどを利用しました。

やっと理解してもらえた、という状態になりはしたものの、これを定着させ、自分の思考として使いこなせるようになるには、まだまだ時間を要しそう。

染み込ませるように、コツコツとやっていくしかありませんね。

たまたま手伝うための時間を、親も取れて良かった。

そして何より学校が休校になることで空き時間が発生して、弱点強化に取り組もうとしたが故に今回の気づきを得られたものの、通常通りの流れでサピックス怒涛のカリキュラムの中にいたら、そのままスルーしてしまっていたかもしれません。

一つ、このことに気がつけただけでも我が家としては助かったかなと考えています。




新6年生のカリキュラムが始まって手探り状態で1ヶ月が経過した頃に起こった今回の出来事。

小学校が休校になってできた時間を、「時間配分も含め、どのように課題をこなしていったら良いのか?」ということを、考えたり判断したりする時間にあてた方もいらっしゃると思います。

通常であればこのようなゆとりは一切ない状態で、慣れない新学年のパンパンな日々のスケジュールをこなしながら試行錯誤することになります。

とても大変なことです。

新6年生になり実体験を通して改めて、ますます中学受験を終えた先輩方へ尊敬の念が増してきますね。

(しかし、まだまだ本格的な時期はこれからなんですよね)

この春休み前の期間、今後まだ時間を作れるようであれば、我が家は引き続き、上述の鍛えたい部分に対してコツコツ取り組んでいきたいと思っています。

受験ブログランキング

1日1クリックずつ応援お願い致しますヽ(´▽`)/

このブログをかいている人

タマオです。2021年度の息子の中学受験に向けて親子で奮闘中!中学受験同士であるあなたのお役に立てる記事を一つでも多く書き記していけるよう、誠心誠意とり組んでまいります!