6年生2月マンスリーテスト自己採点《中学受験・サピックス》
Advertisements

こんにちは。タマオです。

新6年生のお父様お母様、先日はマンスリーテストお疲れ様でございました。

自己採点ですが、これまで各教科ごとの結果をこちらに記してきておりましたが、個人特定されてしまう可能性があるということなので、今後は少し様子を見ていこうと思います。

全体の総合では、12月マンスリーと同様、約7割程度の結果となりました。

受験ドクターさんの平均点予測も今回は低めの予測で、12月マンスリーより少し難しかったのかな?

ここのところマンスリーテスト、思ったよりふるえていない状況のみんサン。

他のことに色々と気を取られすぎているのかもしれません。

それでは、それぞれの教科について思ったことを少しずつメモしておこうと思います。


Advertisements

算数(新6年生1月組分けテスト)


ここのところ、算数にたくさんの時間を費やしているからか、ケアレスミスもかなりおさまってきており、過去最高点?を出しました。

ここへきて、やっと開花なるか、どうか?といった状態の最中にあると思います。

このまま力をつけてキープできると嬉しいです。

最近、(算数に関しては)ノートやテストの問題用紙に書いてある計算を見ても、字が整ってきているんですよね。

突然変異なので、また今後どうなっていくかわかりませんが、関連性がある気がしてなりません。

国語(新6年生1月組分けテスト)


国語がかなりまずい状況になってきました。

いろいろなことがうまくいっていない様子。

内容の把握に時間がかかっていそうであるのと、時間配分もおそらくうまくいっておらず。

ここだけのための学習時間をもうける必要がありそうです。

バランスをうまくとってやっていこうと思います。

Advertisements

理科(新6年生1月組分けテスト)


今回は理科、あまり良くなかったですね。

みなさんそうだったようですが、問題数が多く、時間が足りなかったよう。

しかし、最後まで解けている方も多いはずです。

結局、時間が間に合わなかったということは、その前の問題たちがスムーズにできていないということ。

やはり、マンスリーテストのための復習時間が少し間に合っていなかったか?と感じました。

社会(新6年生1月組分けテスト)


今回、社会も非常に落としてしまいました。

これは、範囲が少し広かったのに対して、テスト学習の時間数不足だと思います。

歴史分野の、明治・大正・昭和・平成・令和、このままにしておくとまずいと思うので、復習をきちんとしたいです。

しかし、土特も始まり時間も限られているので、どうにか作戦を考えなくては。




正しい採点の結果が出るのは本日の午後ですね。

自己採点との差はどの程度になるかハッキリはわかりませんが、いずれにせよ国語の記述も見た感じ、おそらくいただけたとしても数点レベルなので、それほど上がることはないでしょう。

さて、昨年まで存在しておらず、6年生最初のテストとなった、今回の新6年生2月のマンスリーテスト。

さまざまな課題がまた見えてきた気がするので、そこにどのような対策をしていこうか、また考えていきたいと思います。

お疲れ様でした。(^ ^)

受験ブログランキング

1日1クリックずつ応援お願い致しますヽ(´▽`)/

このブログをかいている人

タマオです。2021年度の息子の中学受験に向けて親子で奮闘中!中学受験同士であるあなたのお役に立てる記事を一つでも多く書き記していけるよう、誠心誠意とり組んでまいります!