聖光学院・第54回チャリティーコンサート(2019年12月25日)に参加《中学受験》
Advertisements

こんにちは。タマオです。

クリスマス当日である昨日、聖光学院で吹奏楽部によるチャリティーコンサートが開催されました。

以前に参加させていただいた学校説明会にて、こちらのチャリティーコンサートのお知らせをいただき、それを見て「行きたい行きたい」と言っていたみんサンのかねてからの希望により、我が家もこちらのチャリティーコンサートに参加し鑑賞させていただきました。

来年は6年生で入試直前期になってしまい、確実に聴きに来れないはずなので、良いかなと思いまして。

さてこちらのチャリティーコンサート、今回で第54回になるそうです。とても歴史があるんですね。

まずはじめに、一言で感想を言わせていただきますと、とにかく!!とても素晴らしかったです。

感動しました。

本当に素敵でした。

ここまでハイレベルとは知らなかったので、本当に驚きました。

来れて良かった。

Advertisements

聖光学院・第54回チャリティーコンサート(2019年12月25日)の内容


まずは第一部のオープニングが、大編成の「ジングルベル in Swing」から始まったのですが、すごい完成度で出だしから圧倒されてしまいました。

みなさんお揃いの白いパーカー姿で統一されていらっしゃって、ラフな雰囲気とswingのジングルベルがとても良いハーモニーを奏でていました。

カッコ良かったな〜。

その後は、パーカッションアンサンブル、トロンボーンアンサンブル、フルートアンサンブル、サックスアンサンブル、高校2年生アンサンブル、Big Band、大編成と続きました。

パーカッションアンサンブルは幻想的で深みがあり、とても魅力的な演奏でした。

トロンボーンアンサンブルはトロンボーンの魅力を感じさせてくれる素敵な演奏でした。

フルートアンサンブルは静かな曲なだけに音合わせや強弱などの表現の正確さが際立ち、胸に迫るものがありました。

サックスアンサンブルは非常に丁寧でお上手、安心して聴けます。こちらもとにかくカッコイイ〜!

高校2年生アンサンブルはハイテンポな曲調で楽しい気分にさせていただけました。この演奏で2年生は引退ということで感慨深いものがありました。

Big Bandも素敵でした。タマオは基本的にジャズ大好きですので、シビれます。

最後の大編成では先生も指揮をされて、本格的な演奏に。こちらもとにかく凄くて圧倒されました。




ここまでで第一部が終わり、受験生のみんサンがいる我が家としては、帰りが遅くなると就寝時間が遅くなってマズイことになってしまうので(明日の午前から冬季講習も開始)、ここまでで帰るつもりでした。

しかし、ここでみんサンがまた意思表明をしてきました。

“第二部のオープニング『威風堂々』をどうしても聴きたい”、と。

この場面で散々もめた挙句、最終的には、“では帰宅してから寝るまでの間のスケジュールを大急ぎで済ませることを条件に、最初の威風堂々だけ聴いていこう。”ということになりました。

あとあと、帰宅してから少し大変にはなってしまいましたが、結果、みんサンの意志表明にのって『威風堂々』聴けてよかったです。

第二部は、皆さん正装に着替えられてビシッときまったスタイルで登場。

この演出も素敵でした。

引き続き先生の指揮もあり、演奏も本当に素晴らしかった。

そして、ここまでで我が家の参加はおしまい。非常に名残惜しい。

残念!

この続き、本当に聴きたかったです、、、。



ということで、今回わが家は最後まで聴かせていただくことが叶いませんでしたが、どの演奏も本当に素敵で、感動しました。

チャリティーコンサートですので募金をされているのですが、さすがにこんな素晴らしい演奏を無料で聴いて帰るワケにはいきません。

そんな気持ちが、聴いた皆さんの心に自然と湧いてしまうような、最高のコンサートでした。

再来年、このチャリティーコンサートのフィナーレまでを聴きに、ゆとりのある状態でまた参加できたら良いね。

受験ブログランキング

1日1クリックずつ応援お願い致しますヽ(´▽`)/

このブログをかいている人

タマオです。2021年度の息子の中学受験に向けて親子で奮闘中!中学受験同士であるあなたのお役に立てる記事を一つでも多く書き記していけるよう、誠心誠意とり組んでまいります!