5年生12月マンスリーテスト自己採点《中学受験・サピックス》
Advertisements

こんにちは。タマオです。

テスト対策の学習時間をあまり取らないと、どういう結果になってくるのか、ここに自己採点の正答率を記しておきます。

理科=社会=算数=7.5>国語5.5(記述は全て0点とする)

やはり、それ相応になっている感じでしょうか。

理・社と国語の大問1・2は、学習時間を取れなかったのが結界にそのまま出て、算数はミス頻発といったところです。

やはりコツコツタイプは、しっかりと時間を使って、テスト勉強をしなければいけませんね。

国語は今回、ちょっと難しそうでしたが、選択問題はもう少し高い正答率を保ちたかったです。

記述問題については、かなりテクニックが身についていて、経験も積まれていないと難しそうと感じます。

5年生終わりの今この時期で、この正答に近い答えを記述できる子っているんですかね。

すごいです。

Advertisements

算数(5年生12月マンスリーテスト)


引き続き、この1ヶ月間もケアレスミス対策を色々と考えたり、やってみたりしていました。

しかしまだまだ、出てしまいます。してはいけないミスが。

大問1の計算問題で、しょっぱなから数発ミスをこしらえてしまいました。

さらに別の問題では、解答欄の右と左を反対にして記入してしまったり。

まだ、今でもそんなことをしてしまいます。

今回のこの痛みが、「次回こそ、絶対にこんなことで点を落としたくない!」という強い気持ちに繋がってくれると良いのですが。

国語(5年生12月マンスリーテスト)


大問1、大問2などの得点を重ねておかなければならないの部分での失点が、ちょこちょこ数カ所で出てしまいました。

これは、普段に比べテスト学習時間がなかったのがそのまま結果として出てしまったと思います。

これはやむなしです。

あとは読解の問題がどうなのかですね。選択問題でも少し落としているのですが、少し難しい題材だったからでしょうか。

あるいは、能力的に読み取れなかったのか。

記述問題が、どのくらいポイントを捉えて書けているか?、あるいは点数を獲得できるかで、少し判断できるかもしれません。

内容を把握しているかどうか、確認しておきたいと思います。

今回は記述の配点が大問3・4合わせて40点分ありますので、こちらでどの程度得点できているかによって、かなり点数が変わってしまいますね。

記述0点としていますが、どうなっていることやら。

Advertisements

理科(5年生12月マンスリーテスト)


全体的に均一して、ポチポチとバランスよく間違えてしまっていました。

これもやはりテスト勉強不足が原因か?

理科は9割が続いていたので、たいへん悔しがっております。

社会(5年生12月マンスリーテスト)


歴史も同じような感じです。

ぽちぽちとバランスよく間違えていました。

理社は、9割以上を狙っていたい気持ちなので、こちらも今回は悔しいところです。




昔に比べれば少しずつケアレスミスも減ってきて、ベースアップしてきているのですが、まだまだ正確さを追求しなければです。

例えばこういった算数などのミスで15〜20点ほど失っていなければ、どのくらい偏差値が上がるのか、そういった話をしながらグラフなども見てもらいました。

正確に問題を解き、正確に記入していくことを、もっともっと、キッチリと定着させていきたいです。

受験ブログランキング

1日1クリックずつ応援お願い致しますヽ(´▽`)/

このブログをかいている人

タマオです。2021年度の息子の中学受験に向けて親子で奮闘中!中学受験同士であるあなたのお役に立てる記事を一つでも多く書き記していけるよう、誠心誠意とり組んでまいります!