発熱とビタミンC《中学受験》
Advertisements

こんにちは。タマオです。

昨日から、みんサンがハナが出ており少し喉も痛い、と言っていたのですが、やっぱり風邪を引いていたようです。

かなりの熱が出てしまいました。

今日は朝学も休んで長く寝てもらうことになりました。

おととい、久しぶりにお風呂に一緒に入ったので、たくさん話をしてしまい、長湯しすぎたからかなぁ。

入浴中、みんサンは熱くなりすぎたようで、何度か扉を開け閉めしていました。

その時くらいから、調子を崩してしまっているような。

たまたまで関係ないですかね。

それとも、最近ずっと長めのお湯につかれていなかったので、久しぶりに温まって循環が良くなることによって、体に溜まっていた毒素が一斉にデトックスしてくれているとか。

長湯と風邪の関係、ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

普段、風邪をひくようなことがほとんどないので、珍しいことです。

Advertisements

風邪をひいたらビタミンCを大量摂取


よーし、ここからビタミンC大量摂取で一気に回復だ!

我が家ではビタミンCについては特に、日常からコツコツと摂取するようにしております。

普段なかなかみんサンが風邪をひかないのも、おそらくビタミンC摂取が関係あるはず。

さて、実際に摂取するビタミンCの形状や大きさなのですが、どんな大きさでもまとめてガバッと飲み込めるタマオは、通常のカプセルタイプのビタミンCを摂っており、みんサンはカプセルや錠剤がいまだ飲み込むのが苦手なので、チュアブルタイプでかじって食べてビタミンC摂取をしています。

▼カプセルで摂っているもの


▼かじって食べれるチュアブルタイプ(子供でも摂りやすい)

チュアブルタイプはオレンジ味とチェリー味があって、どちらもほのかに甘くてとても美味しいようです。

一粒一粒のサイズは、『1円玉の表面積 × 5〜6mm(高さ)』くらい。

ところで、日本のお菓子類って、美味しいけれど空腹時に食べたら血糖値スパイクを起こしてしまうような糖度とGI値の高いものや、余計なものがたくさん入っているものがほとんどで、子供にはできる限り食べさせたくありません。

脳には糖が栄養として必要だ、などと言って宣伝してくるお菓子メーカーがありますが、単糖類でダイレクトに糖が吸収されなければいけないわけではありません。

そこの説明なしに脳の栄養にお菓子を食べましょうとは、なんということでしょう。

しかも脳をしっかり働かせるために糖というものは特に必須という訳ではありませんし。

二月の勝者もビジネスとして話が来たのでしょう、あのような情報を受験家族の皆様に広める事に協力しているような形になってしまっていて残念です。

洗脳されてしまって、将来、体や精神の不安定になってしまう受験生がまた増えてしまうのではないかと、心配しています。

すみません。タマオが以前、現代食品産業による影響で大変な事態まで追い込まれたので、ついこのような話になるとエスカレートしてしまいます。

さて、そんな中でこのチュアブルは余計なものも入っておらずビタミンCも摂取できるので、我が家にとっては、とても良いおやつ代わりになってくれています。

このチュアブルを、みんサンは飽きないように、1ケース終わるごとにチェリー味とオレンジ味、交互に開封して食べるようにしているみたいです。

今日はこれを小分けにして大量摂取してもらい、はやく体から風邪菌を出し切ってしまってほしいと思います。

頑張れ〜!自然治癒力で追い出すんだ〜

受験ブログランキング

1日1クリックずつ応援お願い致しますヽ(´▽`)/

このブログをかいている人

タマオです。2021年度の息子の中学受験に向けて親子で奮闘中!中学受験同士であるあなたのお役に立てる記事を一つでも多く書き記していけるよう、誠心誠意とり組んでまいります!