お家で復習授業・ホワイトボードの中学受験活用法!
Advertisements

ホワイトボードを使い、人に教えることで学んだ知識の深化を図る


こんにちは。タマオです。

今日は我が家で活用しているホワイトボードについて、お話ししていきたいと思います。

多くの人がご存知のことと思いますが、他人に何かを伝えることや教えることで、知識や記憶というのは深化していきますよね。

たまにスタバなどで学生が2〜3人で勉強していて、一人の子が他方の子に問題内容の解説をしているような風景を見かけることがあります。

教えている方の子は一生懸命に伝えようとしていて熱が入っているけれど、聞いている方は「ふんふん。ふんふん。」と、頭に入っている?理解しているか〜?という様子。

このような場面に出くわした時、いつも思うことが「これは完全に教えている子の方が知識の深化が進んで、どんどん頭良くなってるよな〜」ということ。

日頃、自分自身が仕事の面でも、何かを人に教えると自分の知識や記憶がより深いものになる、という事も身にしみて感じるものです。

ということで前置きが長くなりましたが、「教えることによって知識の深化を図ろう」と考え、ホワイトボードを導入しました。

つまり、「ホワイトボードを使って、“親たちを生徒がわり”に“子供が先生”になって授業」をするんですね。

4年生の秋、サピックスに入塾してすぐに導入しました。

導入した当初は「いいアイディアを思いついてラッキー」などと思っていたのですが、わりとこの方法、取り入れてやっている人がすでに多くいたようでした。

Advertisements

どんなホワイトボードを使っているか?


我が家で使っているホワイトボードはこんな感じです。

私の仕事部屋の壁の一面がこれで隠れるくらいデカイです。

なるべく大き目なものが良かったので、これにしました(なぜかというと、みんサンの字がザツで荒くて細かく丁寧な字など書けないから(;ω;))。

大きい商品で、届け先が法人限定というようなものが多いですね。

私が買ったところは個人宅でも配送してくれました。

横幅2000というものもあるみたいですが、我が家のは横幅1800×縦900です。充分デカイ。

中学受験でホワイトボードを活用する方法は?


ホワイトボード導入当時は、授業のあった日「その日のうち忘れないように」と考え、塾から帰ってきて夕食が終わったらみん先生の授業を行なっていました。

ですが、DaiGoくんが「ちょっと忘れかけた頃にやったほうがいいよ〜」と

「超効率勉強法」という↓こちらの本で言っていたので、これを読んで以降は塾の授業があった翌日を、みん先生の授業日としました。

(色々と他にも参考になるところのある良い本でした)

塾のあった日、帰ってきてからの復習は、その日学んだ教科のテキストや授業内容の中から、「明日、自分が行う授業でどの問題取り扱うか?」を考えるだけです。(基礎定着確認テストやデイリーチェックの直しなどはありますが。)

そして翌日、約30〜40分ほどかけて、先生の立場で授業をしてもらいます。

なので前日に授業内容を決める時、“30〜40分で終わる程度で取り扱う問題の種類や問題数などを決めておく”、といった感じですね。

Advertisements

ホワイトボード活用の成果は実際どうなのか?


我が家ではSAPIXに入塾してすぐにホワイトボードでの授業を導入したので、ビフォーアフターでの比較はできません。

ですがこの先、このホワイトボードを使った授業をやめることができるか?というと、コワくてできません。定着率が低くなって大変なことになってしまいそう、と思うからです。

実際、定着率の深まりを実感する場面は多々あります。

日常の中で勉強の話になり、何か私が忘れてしまっていた時などに、「こないだ僕が授業で教えてあげたやつだよー。」などという発言がよく出てくるので。

ということで、成果は充分出ていると実感していて、もう手放すのがコワくなくなってる、というのが実際のところです。

まだホワイトボードを使っていないという方は、こればっかりは、代わりになるような別のもので良いので、何かひとつお家にあった方が良い気がいたします。

小さい黒板みたいなものとか、色々ありそうですよね。

大きいから場所取るのが嫌な場合はこんな貼り付け型のタイプもあるみたいです。

created by Rinker
¥2,098 (2020/08/06 11:35:21時点 Amazon調べ-詳細)



今回はホワイトボードを中学受験の学習で活用する方法の一例についてお話ししました。

今回お話したような使い方以外にもたくさん、学習面での活用方法はあると思います。

また、勉強スケジュールを考えるときや、子供が理解しにくい問題について図を使って説明したほうが分かり易そうなとき、などなど、、、

自由に『書き消し』のできる大きいスペースがあると、子供が先生になって授業をするとき以外でも活用できる場面はたくさんあって、本当の重宝していますよ。

↓我が家で使っているのはこのタイプです。

created by Rinker
¥15,180 (2020/08/06 00:59:21時点 Amazon調べ-詳細)

中学受験生・偏差値別・学年別の【睡眠時間】アンケートのお願い

『睡眠時間によって偏差値は変わるのか』を調べるためのアンケートのお願いをしております。

【6年生の皆さま】、【現在の偏差値が40〜49の4.5.6年生の皆さま】でこちらのブログを見ていただけた方がいらっしゃいましたら、特にアンケートご協力をお願いいたします。

→アンケートへ

たった3問チェックを入れるだけの、数秒で終わる簡単なアンケートです。

結果は、こちらのブログにて発表させていただきたいと思います。引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

受験ブログランキング

1日1クリックずつ応援お願い致しますヽ(´▽`)/

このブログをかいている人

タマオです。2021年度の息子の中学受験に向けて親子で奮闘中!中学受験同士であるあなたのお役に立てる記事を一つでも多く書き記していけるよう、誠心誠意とり組んでまいります!