良い健康状態でテストに挑むことの大切さ《中学受験》
Advertisements

こんにちは。タマオです。

サピックスオープン、昨日のブログでもお話しした通り、我が家は前夜かなり遅い時間まで寝ずに過ごしてしまい、睡眠時間が普段より少ない状態で挑みました。

普段も、睡眠時間が少なめだった次の日は勉強していてもミスが多かったり、ダラダラ感が強まったりしているので、マズイなと感じてはいたのですが、テストの答案用紙を見てみると、やっぱり影響は強そうですね。

自己採点もしてみたのですが、算数国語理科社会、どの教科も記述するタイプのB問題がかなり配点に含まれており、どうやったらよいか少し難しいです。

ひとまず、全ての教科、全ての記述問題を0点として採点すると、かなり危険な点数になってしまいますね。

どこまで記述が取れているかで、かなり変わってくるのでしょうね。

Advertisements

テスト中の体の状態


さて、以降は昨日のサピックスオープンからの帰宅後、色々と今回のテストについての話を聞いてみたときの会話です。

タマオタマオ

「今日、テスト中、調子よくなかったの?」

みんサンみんサン

「かなり調子が悪かった。」

タマオタマオ

「テスト中、眠くなちゃったの?」

みんサンみんサン

「眠くはならなかった。お腹が変な感じで大変だった。集中できなかった。」

タマオタマオ

「何か甘いものとか、変なもの食べてっちゃったの?」

みんサンみんサン

「おかずの肉、パンパンまで食べ過ぎた。(喉のあたりの高さに手を当て、)ここまで入ってた。」

タマオタマオ

「食べ過ぎてお腹ムカムカしちゃったのか。」

みんサンみんサン

「う〜ん、わかんない。国語の問題読んでる時とか、なんか、うわぁ〜ぁ、ってなってた。」

ということで、睡眠不足に加え、テスト中にお腹が『うわぁ〜ぁ』ってなってしまっていたようです(うわぁ〜ぁ、がどんな感じかわかりませんが)。

普段からみんサンは、丸呑みマンで、好きなおかずだったりすると一気にかっ込むところがあります。

それをテスト前のお昼ご飯でやってしまって、あとで苦しくなってしまったようですね。

睡眠不足と食べ過ぎで集中できないのダブルパンチ。

まだ正確な結果が見えないので何とも言えませんが、今回のサピックスオープン、かなり散々な結果となってしまいそうです。

でも、まだ5年生の今のうちに、このような経験をできて良かった。

今回のサピックスオープンで一番学べたことは、コンディションの大切さです。

テスト前の夜はやっぱり早めに寝ないといけないな、ということをしみじみ実感しましたし、さらに、テスト前の飲食の加減についても気をつけなければいけないんだな、ということを新たに学びました。

これはあまり考えたことがなかったので、本当に今のうちに実体験できて良かったです。

どんな状況でも落ち着いてテストに集中できるようになってしまえば一番強いのだとは思いますが、コンディション調整ができることがあるならば、なるべくしておいた方が良いですよね。

まいりましたが、とても勉強になりました。

受験ブログランキング

1日1クリックずつ応援お願い致しますヽ(´▽`)/

このブログをかいている人

タマオです。2021年度の息子の中学受験に向けて親子で奮闘中!中学受験同士であるあなたのお役に立てる記事を一つでも多く書き記していけるよう、誠心誠意とり組んでまいります!