おもしろ歴史語録集《中学受験》
Advertisements

こんにちは。タマオです。

我が家は、サピックスでの授業内容をなるべくその週のうちに、子供に先生役になってもらい親が生徒役になって、ホワイトボードを使って授業をしてもらっています。

↓ホワイトボードの記事はこちら。


この授業をしている時の先生(みんサン)の様子はノリノリで、まるで激しいダンスでも踊っているのか?というような謎の動きをします。

見せららないのが残念なくらい、へんてこりんで可笑しいです。

先日、この授業中にまた新たな歴史のおもしろ語録が出てきたので、これを機に一度、これまで(先土器〜安土桃山時代)の歴史の問題をといている時や授業中に出てきた、おもしろ語録についてまとめて記しておこうと思います。

Advertisements

歴史おもしろ語録集(先土器〜安土桃山時代の巻)


『小里妹子』

このくらいの感じは、わりと出やすいかなと思います。

勢いにのっていると出るんでしょうね。

先日の、29テキストの28回デイリーチェックでは、『文禄の役』が『文緑の役』になっていました。

『聖得ちゃん(聖得太子)』(ちょっと裏に隠れて見えにくくなっています)

お得感のある明太子割引セール中のようなイメージの、聖徳太子です。

『中KANO大ENO皇子』

ローマ字を取り入れてかっこよくしようと思ったところ、『KA』が余分についてしまったため、ナカカノオオエノオウジになってしまいました。

ナカカノオオエノオウジ、ゴロが悪いですね。

『ロト遺跡』

これは登呂遺跡を反対に覚えていた(反対に書いてしまった)?でおきた現象。

ロトの遺跡、ありそうです。

『遺族たちの争い』

これは、かなりリアルな解答。

相続の問題でしょうか。遺族たちは、もめることが多いですからね。

正解は「貴族たちの争い」。


『本能寺の恋』

誰と誰が恋に落ちた物語でしょうか。

想像が膨らみます。

これが先日の授業の激しいダンス中に、勢いにノッて出てきたものです。

さすがにこれは、本人も出したあとに大ウケしていました。




まとめてみると、なかなか面白いですね。

あなたのご家庭で出た歴史のおもしろ語録は何かありませんか?

もしあったら、お帰り際に▼下の【コメントを残す】の欄に、書いていってもらえると嬉しいです。

きっとスゴイのがあるんじゃないかと思うんですよね〜。

もし数件でも集まったら、こちらのブログでも紹介してみたいです。

たくさん集まって、おもしろ語録コンテストみたいなことができたら楽しそうだなぁ。

集まらないかなぁ。

よかったら是非、お願いいたします!

受験ブログランキング

1日1クリックずつ応援お願い致しますヽ(´▽`)/

このブログをかいている人

タマオです。2021年度の息子の中学受験に向けて親子で奮闘中!中学受験同士であるあなたのお役に立てる記事を一つでも多く書き記していけるよう、誠心誠意とり組んでまいります!