サピックスのテキスト・プリント類をまとめるアイテム その2《中学受験・サピックス》
Advertisements

こんにちは。タマオです。

サピックスは、テキストやプリント類の量が凄まじい、という事でも有名。

きっと他塾の方も同じようにすごい量のテキスト、プリント類がたまっていっていると思います。

そのすごい量のテキストやプリント類、入塾当初はどのように処理していけば良いか、本当にわからずタマオも困ってしまいました。

うまくまとめることができないから散乱して、次回のテストの範囲がどこかもハッキリ分からなくなり、頭も整理させず、うまくテスト範囲の勉強ができず、、、

など、塾のたくさんテキストやプリント類をうまく処理できなくなると、悪循環に陥ってしまうことに。

ですので、中学受験生がスッキリした頭の状態で、今やっている学習だけに集中する事ができ、成績アップしていけるかどうかは、このテキスト・プリント類の処理方法にかかっているといっても過言ではないような気がします。

以前、短期的なまとめ方を記させていただいたですが、引き続き今回はこの大量にある塾のテキストやプリント類を処理していくために、我が家でどんなアイテムを使ってまとめているか?のお話。

中長期的なまとめアイテムを、『その2』として記しておきます。

Advertisements

中長期的にSAPIXテキスト・プリント類をまとめるアイテム・A

では、一つ目はこちらです。

カール2穴パンチ、SD-88-B。

テキストもプリントも、ほとんどのものが最終的にはこのカールの2穴パンチで穴を開けて、まとめていきます。

このカールの2穴パンチ、何が良いかというと、まずかなりパワーがあるので、分厚いテキスト類を何週間分か束でセットしても、サクッと穴を開けてくれます。

気持ちいい。

そして何より、サイドについている『ワイドダブルゲージ』という名前らしい金属部分がスライドすると同時に対象で勝手に動く作りになっていて、穴を開けたいテキストやプリント類をセットした時にそれぞれのサイズをピッタリと固定してくれるので、キチンと中心に穴を開けてくれるんですね。

これが非常に助かっています。

パンチで開けた穴に通す作業のとき、穴の位置がずれていると、いちいち穴探しに時間を消耗してしまって、嫌ですよね。

以前、普通の小さな2穴パンチを使っていたときは、タマオの場合、いつも書類の中心がわかるように軽く一度2つ折りにして中心がわかるように跡をつけてから、そこを中心目印としてパンチをしていました。

この作業も手間で、時間を消耗するんです。

ということでカールの2穴パンチ、SD-88-Bの特徴をまとめると、

  • ハイパワーだから、一気にまとめて束でパンチできる。
  • ほぼ自動で、正確な位置に穴をあけてくれる。
  • 全書類がバッチリ同じ位置に穴が空くので、通す時もスムーズ。

といった感じですね。

トリプルで時間短縮をしてくれる優れものです。

ですので、このカール2穴パンチSD-88-Bをタマオはもう手放せません。

もっと強力なで、さらに安定していて、その分ゴッツイのもあると思うのですが、

あまり場所もとりたくないし、そこまでいくとビジネス用だからか、突然かなりの高額商品になってしまいますし。

created by Rinker
カール事務器(CARL)
¥7,300 (2020/07/07 20:50:51時点 Amazon調べ-詳細)

これくらいが程良いのかなと。


中長期的にSAPIXテキスト・プリント類をまとめるアイテム・B


次に、2つ目はこちらです。

つづりひも 45cm 100本入り

ファイルで束ねることも考えましたが、ひとまずこれで充分ではないかということで、安いものを選んでいます。

created by Rinker
ライオン事務器
¥474 (2020/07/07 20:50:52時点 Amazon調べ-詳細)

箱型でとりやすくなっていますね。

Advertisements

中長期的にSAPIXテキスト・プリント類をまとめるアイテム・C


つづりひもで綴った後は、最後は保存箱にまとていきます。

最後の3つ目。保存箱は、こんな感じです。

森紙業 文書保存箱 上部差込式

上蓋つきの保存箱が見ため的にはかっこよくてよかったのですが、そうすると上に積んでいった場合、『下の箱のテキストを出す時、上の箱を下ろして、テキストを取って、また箱を上に積み直す』みたいなことになってしまいます。

一連の作業の動線をなるべく無くしてスムーズにいけることは、本当に重要ですよね。

ちょっとでも動線につっかえがあると、なんとなくタラタラしてしまって手をつけ始めるのが億劫になったり、後回しになったり、まあいっか今日は、みたいになりやすいです(自分自身がそうです)。

ですので、そのままスライドであけやすい、こちらのタイプを選択しました。

これだと、横置きしてもこう行った感じで閉じたりあけたりできるので、出し入れ簡単。

横置き状態で何段上まで詰めるかはまだ不明ですが、ある程度上に数段積んでも大丈夫なくらいの頑丈さはありそうです。

置く部屋の床面積をなるべく取らないように縦積みしても、いつでもそのままテキストをスッと取れます。

created by Rinker
¥3,386 (2020/07/07 20:50:52時点 Amazon調べ-詳細)



我が家のテキスト・プリント類のまとめ作業はこれにて完了です。

もしあなたも、「うちは、こんなまとめ方をしていて、すごくやりやすいよ!」というようなオススメの方法などありましたら、ぜひコメント欄などから、教えていただきたいです。

それでは、今回はサピックスのテキスト・プリント類をまとめるためのアイテム(中長期編)でした。



受験ブログランキング

1日1クリックずつ応援お願い致しますヽ(´▽`)/

このブログをかいている人

タマオです。2021年度の息子の中学受験に向けて親子で奮闘中!中学受験同士であるあなたのお役に立てる記事を一つでも多く書き記していけるよう、誠心誠意とり組んでまいります!