よく使う蛍光ペンとチェックペン《中学受験》
Advertisements

こんにちは。タマオです。

ノートや参考書、テキストなどの重要な部分にしておきたい、ライン引き。

ラインを引くのにも、今はさまざまな種類のペンがあるので、悩んでしまいますよね。

我が家では小さい頃から息子のみんサンが大の文房具好きなので、もともとたくさんのペンが家に眠っている状態でした。

そんな状況の中でサピックスに入塾したものですから、学習を始めた当初はもちろん、ライン引きにもそれらさまざまな種類のペン達を利用していました。

文房具マンのみんサンは、学習のたびに新たなペンをどこかから引っ張り出してきては、『その時そこにあって使いたい気分の色を使う』、といったノリでペンを選び、ラインを引いたりしていたんですね。

しかし、そのような気分的なセレクトでペンを使っていると、ラインを引き終わった後の書類の出来上がりは、まったく統一感もなく、見た目もバラバラな感じで美しくない仕上がり

自分で復習する際などにも、これじゃあ見にくくて頭の中が整理されないんじゃないかなぁ?と思うような仕上がりになっていました。

Advertisements

気が散らず学習に集中できるように、色を統一して見やすく・読みやすく


はじめは「いろんな色を使って学習するのも、楽しんでやれているから良いかな?」とも思っていたのですが、5年生半ば過ぎたあたりから学習内容も複雑になり始め、「このままではマズイのではないか?」と考えはじめるようになりました。

そこで、“そろそろ”、とタマオが介入し、みんサンに「色を綺麗に統一して見やすく読みやすくしたほうが、学習に集中できて良いのではないか?」ということを提案。

この提案をみんサンが快く承諾してくれたので、それ以降ライン引きには主に、蛍光ペン(黄色のみ)とチェックペン(ブルーのみ)を利用しています。

蛍光ペンはこちら。

モジニライン

こちらは参考書やテキスト、プリント類の印刷された文字だけでなく、自分で書いたボールペンの文字の上に引いてもインクがにじまない、という特徴を持った蛍光ペンです。

なぜイエローかというと、他のどの色味よりも一番パッ明るく映えて、浮き立って見えてくれるので、ポイントとして脳が勝手に判断してくれやすそうだから。

ということで、蛍光ペンのイエローは常にストックが用意されています。


そして、チェックペンはこちら。

チェックペンαのブルーを使っています。

綺麗な発色で引いた後の文字もグリーンのチェックペンで引いた時より見やすく、たくさん塗りつぶさなくても赤シートを乗せた時に文字がしっかりくれる感じです。

そして、何と言っても、見た目がキレイ。

ブルーの色味は、それ自体に精神状態を落ち着かせてくれる作用があるので、冷静に読むことができるというような二次的な効果も出てくれているかもしれません。

そして、ラインを引き終わって仕上がりの資料の状態はこんな感じです。

ブルーとイエローの2色だけなので、ごちゃごちゃしておらず見やすいかと思います。

そしてブルーとイエローのコントラストは組み合わせ的にも美しい!(好みなだけか?)

そして、これに赤チェックシートをかぶせると・・・。

こうなります。

、、、そうです。

お気付きになったかもしれませんが、イエローの蛍光ペンは赤チェックシートを上にかぶせると、ラインを引いたところが隠れて見えなくなるんですね。

つまり、赤シートでチェックする際には、記憶したかどうか確かめたいチェックペンの箇所だけにフォーカスできる、というわけです。

イエローの蛍光ペンには、こんな二次的な効果もあるんですね。


これが、水色の蛍光ペンだとどうなるかの例も、写真で載せておきますね。

これが、ベースの状態。

この上に赤チェックシートをかぶせると・・・

こうなります。

ね。蛍光ペンのラインがかぶせてもどこに引いてあるかそのまま残って見えています。

これは、このように残って見えていたほうが良いという考えもあると思いますので、一概にどちらが良いか?とは言えませんが。

いろいろとある文房具の在庫の中から選んで、今のところ我が家のベストはこの組み合わせかなと思っています。

今後さらに良さそうな方法があったら、その時はまた随時更新して新しいものに変更する予定です。

ブログを読んでくださっている方で「もっとこんな良い方法があるよ!」というものをお持ちの方がいらっしゃったら、ぜひコメント欄より共有していただけますと嬉しいです!

それでは、今日はライン引きのお話でした〜。

受験ブログランキング

1日1クリックずつ応援お願い致しますヽ(´▽`)/

このブログをかいている人

タマオです。2021年度の息子の中学受験に向けて親子で奮闘中!中学受験同士であるあなたのお役に立てる記事を一つでも多く書き記していけるよう、誠心誠意とり組んでまいります!