算数の復習用まとめノート作り《中学受験》
Advertisements

こんにちは。タマオです。

各教科ごとの【まとめノート】、あなたご家庭では何か作っていますか?

まとめノートを作る派と、まとめノートを作らない派と、各ご家庭によって変わってくると思います。

我が家では、それぞれの教科ごとに初めは一通りやっていましたが、現在は社会だけストップして、(1週間の中でスケジュールの時間を取り過ぎてしまう)他の3つをやっている現状です。

そんな中でも算数は、苦戦したり間違えたりした問題は次に同じような問題が出たとき正解したいので、そこだけはピックアップしておきたいと考えています。

それで、今日は我が家の算数まとめノートの作り方を説明していきたいと思います。

算数まとめノート、できる限り時間を割かないで作りたい


まずはこの写真をみてください。

テキスト内でまとめたい問題が、このようにページをまたいでいる場合など、以前はみんサンが自分でコピーして、その部分だけはさみで切って、ノートにノリで貼るという作業をしていました。

その行為が、見ていて非常に時間のロス、コピー紙のロスに感じられたので、何か良い方法はないかと考えて思いついたのが、今回ご紹介するノートまとめの方法です。

Advertisements

算数まとめノート作り方レシピ


今回の例では、「最初に載せた写真の、ページをまたいだ2問」をまとめていきたいと思います。

まずはスマホのアプリを2つインストールして用意します。

PhotoLayers
CamScanner

iPhoneのかたはこちら

PhotoLayers

CamScanner

インストールが済んだら、最初に目的の問題ページを写真で撮りましょう。

こんな感じです。



次にPhotoLayersのアプリを開き、まず「背景画像を開く」では背景に適当な真っ白い画面を用意してそれを選択し、比率を【3:4】で選択してください。

そして、「写真を追加」から、先ほど撮った写真を選択し、ピンクで囲われた所を矢印をスライドさせながら、その問題部分だけ抽出。


2問ともに、同じように抽出し、背景の白画像の中の任意の場所に、レイヤーを重ねていきます。(左側と上に少しスペースを空けているのはB5のルーズリーフにコピーするためです)


するとこのような写真が新しく出来上がります。


写真が作れたら、今度はCamScannerのアプリを開いて、先ほど作った写真を選択してください。
緑で囲われた枠を全体に広げ、画面全体を選択します。


最後に、画面の色調や明るさやコントラストをどのようにするか、数パターンから選択する画面になるので、その中から左端まで進んで、【B&W2】を選択。(スマホの種類によって表示位置が違うかもしれません)


そして「保存」すれば、バックと重ねたレイヤー色の差がない、白さの統一された見やすい画像が完成です。

できたものをプリンタで印刷すれば、完成。

今回紹介したまとめノートの作り方のメリットは・・・
  • ノート作りにたくさんの時間を割かずに済む
  • その分、勉強時間を確保できる!
  • ムダに大量のコピー紙、のりなどを使わないで済む

メリットはこんな所でしょうか。

デメリットを挙げるとすると、このまとめノート作りの一連の作業はスマホを使って親がすることになるはずなので、その時間が毎週少しかかるという程度だと思います。

出来上がりはこんな感じです。(ルーズリーフに印刷した場合)




我が家では算数でこの方法を使っていますが、各ご家庭の勉強方法によって社会や理科や国語でも応用して、活用できるかもしれません。

色々とアイデアを練って少しでもどこか取り入れていただき、お役に立てましたら嬉しいです。

受験ブログランキング

1日1クリックずつ応援お願い致しますヽ(´▽`)/

このブログをかいている人

タマオです。2021年度の息子の中学受験に向けて親子で奮闘中!中学受験同士であるあなたのお役に立てる記事を一つでも多く書き記していけるよう、誠心誠意とり組んでまいります!